愛人募集

愛人募集と言えば普通おっさんが若い女の子を募集してると思うけど、その書き込みは逆だった。
金持ちのおばさんが若いツバメを募集しているらしい。
俺は興味本位でその書き込みに返事をした。
すぐに待ち合わせ場所が決まって行くと、そこには割合若く見える女性が立っていた。
彼女は今年で55になるらしく、見た目は40台前半と言っても大丈夫なほど若々しかった。
彼女自身が社長らしく、旦那も浮気をしているし、今更離婚なんて面倒なことしたくないので、愛人募集をしていると言っていた。
彼女のお金で食事を食べに行くと、普段は飲めないような高いお酒とお肉をさべさせてくれて、満足感が凄かった。
折角だし、俺も試してみたかったのでホテルに誘うと、簡単にOKしてくれた。
ホテルに入って彼女の洋服を脱がせると、55にしては整った身体がそこにはあった。
多少垂れているおっぱいもお尻もそれなりに魅力的だと思えたし、引き締まったウエストは若い子に負けていない。
デートするだけの副業
そっと触れると思いの外いい反応をしてくれる。
やっべ、俺熟女いけるな。結構この表情腰にくる。
俺はそんなことを思いながら、彼女の身体を隅々まで味わった。
意外にいい感度は、俺の股間を大きくするには十分だった。
彼女は、「ねぇ、もう頂戴? 妊娠しないから生で入れてぇ」なんてお願いしてきた。
なるほどね、熟女ならではの楽しみ方か。
俺はゴムもつけずに、そのまま突っ込み、激しく奥を責め立てた。
久しぶりだと言っていた所為か、締め付けもよくて、俺は中に思いっきり射精した。
全てが終わって、彼女は「で? 愛人契約はしてくれるの?」と尋ねてきた。
俺は、「条件によるけどね」と言って、値を吊り上げ、愛人契約を結ぶことにした。
筆下し
筆おろし